東北新幹線モルタル片落下 震度6強地震影響か、岩手

 JR東日本盛岡支社は7日、岩手県内を走行する東北新幹線一ノ関-水沢江刺間の下り線で、高架橋付近に設置された高さ約12メートルの点検用通路から重さ10・7キロのモルタル片が落下したと発表した。けが人はおらず、運行に影響はない。

 盛岡支社によると、福島、宮城両県で最大震度6強を観測した2月13日の地震で剥がれ落ちた可能性があるという。モルタル片は縦約50センチ、横約45センチ。通行人が7日午後6時ごろ、高架橋下の草むらで発見した。

会員限定記事会員サービス詳細