動画

天王寺動物園が9日に新施設オープン 

【動画】天王寺動物園が9日に新施設オープン 
【動画】天王寺動物園が9日に新施設オープン 
その他の写真を見る (1/2枚)

 天王寺動物園は8日、絶滅危惧種の標本などを展示する新たな学習棟「TENNOJI ZOO MUSEUM(てんのうじズーミュージアム)」が9日にオープンするのを前に、報道陣向けの内覧会を行った。

 棟内の展示コーナーでは、昭和25年に来園し、平成12年に推定52歳で死ぬまで人気を集めたアジアゾウのユリ子の骨格標本(高さ約3メートル)を常設展示。ガラス張りの収蔵庫では、絶滅の危機にひんしている動物の剥製などを展示する。

 多目的ホールでは、飼育員の講演や企画展などのイベントを定期的に開催する予定。来園者向けに、動物に関する情報発信を行う場とする。

 牧慎一郎園長は、「標本を通じてリアルな生き物の姿をじっくり見ることで、動物への理解を深めてもらいたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細