激化する「偽の香水」を巡る闘いと、テクノロジーで対抗する高級ブランド

PHOTOGRAPH BY SUN LEE
PHOTOGRAPH BY SUN LEE

 高級ブランドによる香水の市場が成長する一方で、偽物も急増している。ほとんどの国では香りを知的財産として保護する仕組みが存在しないなかで、高級ブランドはテクノロジーによる対抗策を打ち出し始めた。

TEXT BY CARLY PAGE

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(UK)

高級ブランドによる香水の市場は、いまや120億ドル(1兆2%2C700億円)規模にまで成長した。一方で、「偽造された香り」という新たな課題にも直面している。

ブランド各社はずっと前から、質の悪い偽物を売ろうとする業者に対抗し続けてきた。ひと目でそれとわかるパッケージと特徴的なボトルの形状まで盗用するような連中だ。ところがテクノロジーの進歩によって、高級ブランドならではの有名な香りを「よく似た香りの香水」として模倣する動きが出始めている。

こうした偽の香水の市場も、高級香水の市場と同じように発展を続けている。2017年から18年の間に、化粧品と香水を含む偽のボディケア商品は、英国だけで220万点も押収されている。経済協力開発機構(OECD)の推計によると、英国に輸入された偽造商品は13年の93億ポンド(約1兆3%2C600億円)から急増し、16年には136億ポンド(約1兆9%2C900億円)にまでなった。これは正規品の輸入額の3%に相当する額となっている。

知的財産保護のための非営利団体「Anti-Counterfeiting Group(ACG)」事務局長のフィル・ルイスは、「世界中の企業や消費者、経済すべてが偽造による攻撃を受けています」と語る。「英国は欧州のなかでも、これらの悪質な偽造の被害を最も大きく受けている国のひとつです。偽物の多くには危険な毒素や安定剤が含まれています。さらに、4億ポンド(約586億円)を超える売り上げが失われ、それらは国際的な犯罪集団の手に渡っています。犯罪者たちはそうやって得た利益を基に、人や麻薬、武器など、ほかのかたちの違法な取引をしているのです」

容易ではない偽物との闘い

高級香水メーカー各社にとって、この闘いは容易なものではない。偽物の高級ハンドバッグなどと比べると、偽の香りは特定が非常に難しいだけでなく、ほとんどの国では香りを知的財産として保護する仕組みが存在しないのだ。ただし、玩具メーカーのハズブロは、人気商品の安全な小麦粘土「プレイ・ドー」の「特徴的な匂い」で、米特許商標庁から商標登録を認められている。

知的財産として保護する仕組みが存在しないのは、香水の複雑な性質によるものだ。それぞれの香りは「ノート」と呼ばれる要素から構成されている。トップノート、ミドルノート、ベースノートがあり、香りが残る時間がそれぞれ異なる。

会員限定記事会員サービス詳細