Netflixが従来型のテレビ放送を始めた方針転換の理由

0MEER/GETTY IMAGES
0MEER/GETTY IMAGES

 ネットフリックスが、番組表に基づいてコンテンツを流す従来型テレビ放送のようなサービス「Netflix Direct」の試験導入をフランスで始めた。従来型のテレビ放送を否定してきた同社は、なぜ方針転換したのだろうか?

TEXT BY CATHERINE BENNETT

TRANSLATION BY YASUKO BURGESS/GALILEO

WIRED(UK)

ベルリンで2015年に開かれたカンファレンスでのことだ。ネットフリックスの創業者で共同最高経営責任者(CEO)のリード・ヘイスティングスは、テレビ局が番組表に沿って時系列に放送するコンテンツについて触れ、こうした番組の編成は移動に馬車を使うようなものだと語った。このたとえに沿うならば、Netflixとはテレビ市場に革命を起こす新車のようなものである。

ヘイスティングスは、従来型のテレビ放送は「今後20年で年を追うごとに衰退していく」と指摘した。その一方で、オンデマンドのテレビは人気が右肩上がりになると予測している。

そしてヘイスティングスは、続けてインターネットテレビの利点を並べ立てた。「(インターネットテレビなら)視聴者は観たいときにいつでも、どんなデバイスでも観ることができます。カスタマイズできるし、パーソナライズできるのです」

ところがネットフリックスは、この主張にことごとく反するテレビ放送のチャンネル「Netflix Direct」を20年11月6日にスタートさせた。いまのところはフランスでのみ利用可能だ。

Netflix Directでは、Netflixのオリジナル映画やドラマが1日24時間、決められた時間に放送されている。視聴できるデバイスはPCだけであり、タブレット端末やスマートフォンにはまだ対応していない。

また、フランスのNetflix会員のすべてが利用できるわけではない。このサービスが利用できる対象は徐々に広げられ、フランスの全国で利用可能になるのは21年12月6日の予定だ。

このサービスについてネットフリックスは、視聴者が何を観るのか決められないときの助け舟として提供している。同社の公式ブログでは、「観るものを自分で決めたくないとき、Netflixの初心者がどんな番組があるのかよくわからないとき、観たことのない新しい番組を見つけて驚きたいときに」と謳われている。「観るものを決めず、ただ何かを観ていたいと思ったとき」にも観てほしいという。

ネットフリックスにとっての利点

それにしても、ネットフリックスはなぜ方針を180度転換したのだろうか?

「これまでNetflixは、視聴者が関与することを大前提とした視聴スタイルをずっと提供してきました」と、パリ第3大学(ソルボンヌ・ヌーベル大学)でコミュニケーションとメディアを研究するディレクターのマリー=フランス・ションバ=ウイヨンは語る。Netflix Directは、ネットフリックスが「リーンバック(受動的な姿勢)」と呼ぶ体験を提供することで、観る番組を自分で決める必然性からユーザーを解放している。

会員限定記事会員サービス詳細