富山交番襲撃、裁判長「供述揺れ疑問」 障害影響も指摘

富山地裁=4日
富山地裁=4日

 富山市の交番で平成30年6月、警察官を刺殺し奪った拳銃で警備員を射殺したとして、強盗殺人罪などに問われた元陸上自衛官、島津慧大(けいた)被告(24)に無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した5日の富山地裁判決公判で、大村泰平裁判長は強盗殺人罪の成立を否定した理由について、「拳銃強奪の意思は警察官殺害後に生じた疑いがある」と述べた。

 大村裁判長は判決理由で、被告が逮捕後の取り調べで交番襲撃を「武器を奪う目的もあった」などと述べたことについて「供述が揺れており、内心を表現したものか疑問」とし、強盗殺人でなく警察官への殺人と窃盗罪に当たるとした。

 また、被告の自閉症スペクトラム障害を「動機の形成に影響があった」と指摘。「計画性が高いとはいえず、死刑がやむを得ないとはいえない」とした。

会員限定記事会員サービス詳細