千葉・館山市職員自殺訴訟、遺族の請求棄却 「時間外勤務の根拠不明」

 平成20年に千葉県館山市の男性職員=当時(32)=が自殺したのは過重労働やパワハラが原因として、遺族が市に約1億4700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、千葉地裁木更津支部(山口均裁判長)は4日、「安全配慮義務違反があるとは認められない」として請求を棄却した。

 原告側は、欠員が生じていた部署で月100時間以上の残業が続いていたと主張していたが、判決理由で山口裁判長は「(原告が主張する)時間外勤務の計算方法や算出根拠が不明だ」などと退けた。市は「膨大な残業は認められず、精神的な不調を早期に発見し対応することはできなかった」としていた。

 判決後、男性の妻は「率直に残念な気持ち。市はなぜ裁判を起こされたのかを考えてほしい」と述べ、控訴する意向を示した。また、市に改めて第三者委員会の設置を要求する方針。

会員限定記事会員サービス詳細