警官が事故届けず 高校生骨折、山梨県警

 山梨県警は3日、南アルプス署生活安全課の男性巡査長(27)が出勤中に乗用車で事故を起こし、男子高校生(17)が右足骨折とみられるけがを負ったと発表した。巡査長は事故を届け出なかったと認めており、県警が道交法違反(事故不申告)の疑いで捜査している。

 事故は2月26日午前7時10分ごろ発生。甲府市内の道路を右折した際に、自転車の高校生と出合い頭にぶつかった。双方でけがの程度を確認した上で、現場を離れたという。高校生は同日夜に病院を受診した。甲府署が保護者から連絡を受け、運転手を捜していた。

会員限定記事会員サービス詳細