日本酒 欧州に愛されたい 京都・伏見の老舗酒蔵、ワイン製法取り入れ(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

日本酒 欧州に愛されたい 京都・伏見の老舗酒蔵、ワイン製法取り入れ

日本酒 欧州に愛されたい 京都・伏見の老舗酒蔵、ワイン製法取り入れ
日本酒 欧州に愛されたい 京都・伏見の老舗酒蔵、ワイン製法取り入れ
その他の写真を見る (1/2枚)

 全国有数の酒どころとして知られる京都・伏見で、老舗の酒蔵が海外展開を視野に、京都独自の清酒酵母を使用した日本酒「月の桂」シリーズを発売した。コロナウイルス禍でも衰えない海外での日本酒人気を背景に、ワインの醸造と同じ手法で開発。第1弾はすぐに完売しており、蔵元関係者は「日本酒を知らない外国人に手に取ってもらい、世界中に広めたい」と意気込んでいる。(南里咲)

 「ワインと日本酒はどう違うの?」「酵母はどうやってつくるの?」

 江戸前期の延宝3(1675)年創業の老舗「増田徳兵衛商店」(京都市伏見区)が2月19日に行ったオンラインイベントでは、パソコンの画面越しにフランス語などで質問が次々と飛び出した。

 このイベントには、フランスやイタリアなど欧州各国からレストランオーナーやソムリエ約50人が参加。ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って同社とつなぎ、酒蔵の内部の様子を紹介したほか、新作の日本酒や酵母についての説明を行った。

 同社は昨年10月、看板商品「月の桂」シリーズで海外向けの新たな酒を発売。「月の桂 ブランシェ」はフルーティーな香りとすっきりとした酸味が特徴で、ハーブやチーズにも合う「日本酒らしくない日本酒」に仕上げた。「月の桂 アッサンブラージュ」はワインをブレンドするアッサンブラージュ(調合)という手法を使って、ブランシェと別の酵母の酒をブレンドし、奥深い味わいと香りを持たせた。

 あえて日本酒では使わない製法に挑戦。約1年かけて、香り高く、味わい深い「複雑な味」を生み出した。

 この2種類の開発の背景にあるのは、海外での日本酒ブーム。「最大の市場である中国はブランド志向が強い一方、欧州では『自分が飲んでおいしいと思ったものを飲む』傾向がある」と分析するのは、増田徳兵衛社長(65)だ。まだ市場が発展しきっていない欧州に狙いを定め、日本酒初心者でも飲みやすい味を追究した。