精神科長期入院訴訟 男性「かごの中の鳥」 東京地裁初弁論

 統合失調症のため精神科病院に約40年間入院していた群馬県太田市の無職、伊藤時男さん(70)が「入院は実質的に強制で、憲法が定める幸福追求権や法の下の平等に反する」として、国に慰謝料など3300万円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が1日、東京地裁(小田正二裁判長)で開かれた。伊藤さんは長期入院について「かごの中の鳥のような生活だった」と意見陳述した。

 訴訟を起こした理由に関して「まだ、かごから出られない人がたくさんいる。日本の精神医療が変わり、そういう人たちの役に立てればと願っている」と話した。国側は争う姿勢を示した。原告側によると、精神科病院の長期入院について国の責任を問う訴訟は初めて。

会員限定記事会員サービス詳細