大阪など6府県解除 緊急事態宣言 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪など6府県解除 緊急事態宣言

大阪・ミナミをマスク姿で歩く人たち=2月28日午後
大阪・ミナミをマスク姿で歩く人たち=2月28日午後

 新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で大阪府など6府県に発令された緊急事態宣言が2月28日、解除となった。残る首都圏の1都3県は3月1日以降も継続する。政府は今後の新規感染者数や医療体制の状況などを見極めた上で、期限の7日に合わせた解除の可否を判断する。

 2月28日で解除となったのは、大阪、兵庫、京都、愛知、岐阜、福岡の6府県。状況が改善したことや知事らの要望も踏まえ、政府は7日の期限を待たずに2月末での先行解除を同月26日に決定した。ただ、解除後も飲食店の営業時間短縮要請などは継続する。