現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

山梨県議の発言に知事「名誉毀損」 判例は個人の賠償否定だが…

記者団のカメラの前で、県議を名誉毀損で提訴することも辞さないと表明する山梨県の長崎幸太郎知事=2月16日、県庁(渡辺浩撮影)
記者団のカメラの前で、県議を名誉毀損で提訴することも辞さないと表明する山梨県の長崎幸太郎知事=2月16日、県庁(渡辺浩撮影)

 山梨県の長崎幸太郎知事が同じ自民党籍の県議の議会発言を名誉毀損(きそん)だとして、提訴も辞さない構えを見せている。地方議会での発言をめぐる判例は議員個人は損害賠償責任を負わないとしており、提訴するとすれば、個人としての知事が県のトップとしての自らに賠償を求める異例の展開も想定される。一方、誹謗(ひぼう)中傷なら刑事責任が問われる可能性もある。(渡辺浩)

「委託費が還流しているのでは」

 発言は2月1日、県が富士急行に貸している山中湖村の県有地の賃料が不当に安いとする住民訴訟をめぐる県議会の調査検証特別委員会の審議で行われた。

ランキング

  1. 娘が見た日本赤軍リーダー「重信房子」の素顔

  2. 日本赤軍の重信房子元最高幹部 20年の刑期終え出所

  3. 「武装斗争路線間違っていた」重信元最高幹部の手記全文

  4. 重信房子氏の出所に興奮…メディアの奇妙さ 飯山陽

  5. 日本赤軍、今も7人逃亡 重信元最高幹部28日出所

  6. 猛烈なかゆみ、網戸すり抜ける「スケベ虫」被害増加

  7. 「世界を変える」といい気に 「重信房子」13年前の獄中会見

  8. 「国際テロの魔女」重信房子受刑者が28日出所 動向に注目

  9. 「自分が『テロリスト』と考えたことない」重信元最高幹部の質問回答全文

  10. 【「魔女」の実像㊤】革命目指したテロリストの女王 日本赤軍の重信房子元最高幹部 28日に出所

会員限定記事