触れずにトイレドア開閉、大阪の町工場に相次ぐ注文

甲子化学工業が開発した手で触らずにドアを開閉できる装置=大阪府東大阪市(南雲都撮影)
甲子化学工業が開発した手で触らずにドアを開閉できる装置=大阪府東大阪市(南雲都撮影)

 政府の緊急事態宣言が東海、関西、福岡の6府県で解除された1日以降も、新型コロナウイルス感染への警戒は続く。接触感染を防ぐため、不特定多数の人と同じものを触る機会は極力減らしたいが、トイレは生理的に不可欠な場所だ。鍵やドアを手で触れずに開閉できたら-。そんな心理をとらえ、大阪府東大阪市の町工場がアタッチメントを作ったところ、病院や学校からの注文が相次いだ。「人の役に立つ商品を」。商品開発の裏側にはものづくりの原点があった。(西山瑞穂)

きっかけはSNS

 ガラス繊維を混ぜ込んだ頑丈なプラスチック製の「アームスライダーmini(ミニ)」。トイレの個室にあるスライド式の鍵にテープで貼り付けると、腕やひじで鍵が開閉できるようになる。東大阪市に生産拠点を置く加工会社「甲子化学工業」の企画開発主任、南原(なんばら)徹也さん(33)が開発した。

 同社は、メーカーの下請けとしてプラスチック部品を作る従業員16人の町工場。企画開発部門といっても、一昨年に大手ゼネコンを退職し、父親が社長を務める同社に入った南原さんが1人で名乗るだけだ。自社製の独自製品は、このアタッチメントが初めてだった。

 きっかけは、昨年2月ごろに目にした海外での新型コロナ急拡大を告げるSNS(会員制交流サイト)。そうした地域でドアの取っ手に触れるのを嫌がる人が増えたと知り、「日本もそうなる」と確信した。

 自分たちの技術を感染防止に役立てられないか。考え始めて間もなく、ドアの取っ手を腕で開閉できる製品を思いついた。