鑑賞眼

宝塚歌劇団月組「ダル・レークの恋」 菊田一夫の濃過ぎる名作を今に

騎兵大尉ラッチマン(月城かなと、左)と、貴族の娘カマラ(海乃美月)はダル湖のほとりで恋に落ちる(c)宝塚歌劇団
騎兵大尉ラッチマン(月城かなと、左)と、貴族の娘カマラ(海乃美月)はダル湖のほとりで恋に落ちる(c)宝塚歌劇団

これぞ宝塚歌劇の王道を行く、菊田一夫のメロドラマ作品である。インド貴族の娘と、騎兵大尉との身分違いの恋。歌舞伎でいう「愛想づかし」「濡れ場」もある劇的な展開を、時代がかった台詞(せりふ)が彩る。日常の延長のようなリアルな芝居全盛の時代にあって、この濃過ぎる舞台こそ、宝塚の醍醐味(だいごみ)だ。初演は1959年、「白薔薇(ばら)のプリンス」とたたえられた春日野八千代の主演。今回主演の月城かなとも気品あふれる正統派男役で、作品によく合う。酒井澄夫監修、谷貴矢潤色・演出。

菊田といえば、一般にはラジオドラマ「君の名は」の作者として知られるが、宝塚にも複数、作品を書き下ろしている。「ジャワの踊り子」(初演1952年)や「花のオランダ坂」(同1962年)は、再演を重ねた財産作品だ。いずれも愛し合う男女のすれ違いを描くが、今作もその一つ。

インド北部カシミールに避暑に来ていた未来の王家女官長カマラ(海乃美月)と、騎兵大尉ラッチマン(月城)が恋に落ちる。しかしカマラの親族がスキャンダル化を恐れ、別れを強要。やむなくカマラは身分差などを理由に、心にもない言葉でラッチマンを傷つける。さらにラッチマンが実は、悪名高い国際的詐欺師との疑いも-。

こう粗筋だけ書くと荒唐無稽に思えるが、今作はカメレオンのように変化するラッチマンの氏素性を、主演スターがどう演じ分けるかが、最大の見どころだ。常に女性の注目を浴びていたりりしい軍人が、悪党の正体がばれると一転。開き直って啖呵(たんか)を切り、スキャンダル封印を条件に、駆け引きを始める。カマラに愛を懇願していた男が、強引に関係を迫る。そしてパリの社交界で、放蕩(ほうとう)生活を送っていた過去も、明らかになる。

宝塚にはさまざまな男役がいる。アイドル風や妖精タイプ、現代っ子風などがいる中で、長身で彫刻のような美貌の月城は正統派タイプだ。白い軍服姿が王子様のような月城が突如、悪党に豹変(ひょうへん)し、因習に捉われた貴族たちを冷笑するのも痛快だ。月城が各場面で鮮やかに変化する面白さに加え、物語はさらにもう一つ、「実は…」という驚きの展開が待っている。