自民・岸田前政調会長、新型コロナワクチン「国内開発の努力進めるべき」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

自民・岸田前政調会長、新型コロナワクチン「国内開発の努力進めるべき」

岸田文雄前政調会長(春名中撮影)
岸田文雄前政調会長(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄前政調会長は25日の岸田派(宏池会)会合で新型コロナウイルスワクチンについて「海外からワクチンを確保することも大事だが、さらに一歩進んで国内開発の努力を進めていくことを考えなければならない」と述べた。

 また、岸田氏はワクチンの接種体制に関し「政府にも丁寧な説明責任や情報提供を果たしてもらわなければならないが、政府だけに任せるのではなく、われわれ国会議員もそれぞれの立場で自治体への情報提供にしっかり努めていくべきだ」と強調した。