地震を学ぼうQ&A

「余震は数年~数十年続く。100年継続も」「南海トラフ地震は揺れが厳しい」遠田晋次・東北大教授

平成30年に発生した大阪北部地震。阪神大震災の余震の可能性も=大阪府茨木市
平成30年に発生した大阪北部地震。阪神大震災の余震の可能性も=大阪府茨木市

 3月11日で東日本大震災から10年。大震災の余震とみられる福島沖の地震も発生。南海トラフ地震の発生も懸念される。われわれは地震についてどのように理解を深め、備えるべきか。遠田晋次・東北大災害科学国際研究所教授(地震地質学)に聞いた。(編集委員 北村理)

 Q 昨年は関東の地震が目立ち、首都直下型地震の心配の声がありました

 A 春先は千葉、茨城、栃木で増えていて心配はしましたが、その後静かになりました。このあたりは地震が多い所です。

 Q 長野の地震もよく聞きますが、3月に発生から10年を迎える平成23年東日本大震災の影響もありますか

 A 東日本の地震の一部は大震災の影響と考えられます。なぜかというと、大震災の後には各地で微小地震の増加が継続して観測され、その地域でマグニチュード(M)5クラスの地震が起きているからです。小、中規模の地震が2倍増えたら、大規模地震が起こる確率も2倍になると考えられるので、要警戒といえますね。

 Q 地震は連鎖するものですか

 A 先ほど述べたように、技術的に微小地震を捉えることができるようになり、地震と地震の関連性が分かってきました。大震災後、首都圏の地震が大震災以前よりも増加したことが分かっています。

   ■    ■  

 Q 阪神大震災から18年後の25年に起きた淡路島地震は、阪神に影響を受けた地震(余震)といわれました

 A 地震計で捉えられる小さな地震も含めると、余震は数年~数十年続くのが普通です。100年ほど継続しているとみられるケースもあります。なぜ長期間余震が起きるのか。阪神大震災でいえば、震源(淡路島から大阪北部にかけての六甲淡路島断層帯)で地震が起き、ひずみが解消された一方で、周辺の断層に負荷をかけたと考えることができるからです。大阪北部地震もその一つかもしれません。

 Q 阪神大震災ほどの大地震が発生したのだから、阪神間ではしばらく地震が起こらないと考えがちですが

 A 阪神の影響で今後、どこでどのような地震が起きるのかは分かりません。ただ兵庫、大阪、京都、奈良、滋賀といった関西は日本で有数の活断層密集地です。戦国時代末期から安土桃山時代にかけ、関西では天正、慶長伏見地震といったM8級の巨大地震が起きています。今後も地震の可能性があるとみたほうが自然だと思います。

会員限定記事会員サービス詳細