アイスダンス村元、高橋組 世界選手権補欠を辞退

 日本スケート連盟は24日、東京都内で理事会を開き、フィギュアスケートの世界選手権(3月、ストックホルム)について、アイスダンスの村元哉中(かな)、高橋大輔組(関大KFSC)の補欠辞退を承認した。全日本3位の深瀬理香子(大東大大学院)、張睿中(カナダ)組が補欠になる。

 村元、高橋組は、昨年の全日本で2位となり、国際大会出場に必要な「ミニマムポイント」獲得を条件に補欠に決まっていた。

 国際スケート連盟(ISU)がミニマムポイント獲得に向けた演技映像提出の場を設けていたが、全日本で村元が左膝を負傷し、万全な状態で臨めないことから提出を断念した。

 2人は同連盟を通じ「来季に向け、一つ一つ課題をクリアし、来るべき試合に全力で挑んでいきたい」とコメントした。