イチローさんがマリナーズのキャンプ合流 フリー打撃では投手役

米大リーグ、マリナーズで会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチローさんが23日、アリゾナ州ピオリアのキャンプで約11カ月ぶりにチームに合流した。野手が加わっての全体練習初日でフリー打撃では投手役を務め、若手有望株とのキャッチボールも行った。

昨季は新型コロナウイルス禍でグラウンドでの直接指導などができず、大半を日本で過ごした。キャンプ地入りは18日。日本滞在中もトレーニングを欠かさず、相変わらずの引き締まった体ときびきびした動きを披露した。コーチ、スタッフにはマスク着用が義務付けられており、「息が上がりますね。倒れる人がいるんじゃないの」と苦笑いで話した。

イチローさんは家族の新たな一員の公表もした。ともに1歳の柴犬、雌の「姫弓」と雄の「天朗」で、2019年の夏に亡くなった「一弓」の遠縁に当たるという。「とても元気で、2人(2匹)で一緒に遊んでいます」と優しい顔つきで言った。(共同)