【熱血弁護士 堀内恭彦の一筆両断】「日の丸」を大切に 「国旗損壊罪」を考察する(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

熱血弁護士 堀内恭彦の一筆両断

「日の丸」を大切に 「国旗損壊罪」を考察する

 去る2月11日は「建国記念の日」(紀元節)。残念ながら最近は、祝日に国旗を掲げる風景を見かけることも少なくなった。国旗は国を象徴し、尊厳を表すものとして大切に扱われるべきであるが、一方で、国家を侮辱する目的で国旗を「引き裂く」「焼く」「踏みつける」などの行為に及ぶ者もいる。

 日本では「外国国章損壊罪」(刑法第92条)はあるものの、日本を侮辱する目的で日章旗(日の丸)を損壊しても処罰規定はない。

 そこで、今国会では自民党議員の一部有志が日章旗(日の丸)を傷つける行為を罰する「国旗損壊罪」の新設を盛り込んだ刑法改正案の成立を目指している。

 【国旗損壊罪】「日本国を侮辱する目的で国旗を損壊し、除去し、又は汚損した者は2年以下の懲役又は20万円以下の罰金に処する」

 自民党は野党時代の平成24年にも同様の法案を提出したが、結局、廃案となった。このときは反対論や慎重論が多く、日本弁護士連合会(日弁連)も反対声明を出している。

 反対論者は「外国国章損壊罪の保護法益は、国際紛争の火種となることを避け、日本の対外的安全と国際関係的地位を守ることであるが、自国の国旗損壊罪にはそのような保護法益はない」と主張する。

 しかし、これは保護法益の捉え方を誤ったものと言わざるを得ない。外国国章損壊罪の保護法益は、外国の「国家的名誉」であり、日本も同様に「国家的名誉」を有していることは言を俟たない。

 また、「表現の自由を侵害する」との批判もある。

 しかし、言うまでもなく「表現の自由」は無制限ではない。国旗を引き裂いたり、燃やしたりする行為は保護されるべき「表現」とは言い難いであろう。しかも国旗損壊罪は「侮辱する目的をもって」という限定を付したうえで、損壊・除去・汚損という行為に限って処罰するものであり、表