わたしたちが捨てたガジェットは「電子ごみ」になり、途上国の人々の健康を害している

THOMAS IMO/GETTY IMAGES
THOMAS IMO/GETTY IMAGES

 先進国で使い古されたガジェットや電子機器が、発展途上国に大量に輸出されている。その大半は電子ごみとなり、貧しい少年や若者たちが燃やしたり破壊したりして金属を回収しているが、有毒な煙や水や食べ物の汚染で健康を害する人も多い。こうした問題の深刻さが、西アフリカのガーナで暮らす若者の生活から浮き彫りになる。

TEXT BY JACKLIN KWAN

TRANSLATION BY MAYUMI HIRAI/GALILEO

WIRED(UK)

イブラヒムは平日、毎朝6時に起床する。そして8時までには、いつものように煙を上げる炎の上にかがみこんで、銅線の絶縁皮膜を燃やして取り除く。この8年間続けている仕事だ。

彼は西アフリカに位置するガーナの首都アクラの中心部近くで、「バーナーボーイ(burner boy)」として働いている。電子機器のごみが山積みされている廃棄場「アグボグブロシー」で、金属を回収するために燃やす回路基板や電線を探し歩く少年や男性たちに付けられた名だ。

この廃棄場では、廃棄された電話やコンピューター、家電製品などが20エーカー(約80%2C000平方メートル)にわたって広がっている。オダウ川を隔てて隣接するのが、イブラヒムが住んでいるスラム「オールド・ファダマ」だ。ここにはガーナの田舎からやってきた貧しい人々が、1980年代から住み続けている。

ガーナ政府はオールド・ファダマを、劣悪な衛生環境や犯罪、貧困といった荒廃の象徴と見ている。一方、ここに住み着いた人々にとっては、本来なら首都が提供しなければならない経済的機会を手に入れられる都合のいい場所となっている。

電子ごみを焼いて金属を回収

イブラヒムは、一緒に働くほかのバーナーボーイたちと同様に学校から落ちこぼれ、仕事を求めて苦労した末にガーナ北部から移り住んだ。自分より先にアクラに移った友人たちから、アグボグブロシーに廃棄されている電子機器から銅などの金属を回収して稼いだ話を聞いたからだ。

アグボグブロシーで働き始めたときイブラヒムは18歳だったが、許可証のようなものは誰からも求められなかった。電子機器の廃棄物、すなわち電子ごみ焼いて金属を回収する仕事は、バーナーボーイの先輩たちから教えてもらった。

バーナーボーイたちの間には仲間意識がある。北部の家から追い出され、少しでも経済的に楽になるために必死で働いている彼らは、互いに助け合っているのだとイブラヒムは語る。

仕事の内容は、ハンマーや石だけでモニターを叩き割り、内部にある銅や金、鋼鉄、アルミニウムなどの価値のある材料を手に入れることだ。天気のいい日は電子ごみに火をつけて燃やし、電線の被覆や回路基板に使われているプラスティックの絶縁材料を溶かして取り除き、金属を取り出す。

バーナーボーイたちは、道具や保護具を買う金をもっていない。このため真っ黒な煙のせいで、イブラヒムは絶え間なくせきをするようになった。廃棄場の空気は、化学薬品と燃えたゴムの臭いがする。

会員限定記事会員サービス詳細