話の肖像画

「世界の盗塁王」元プロ野球選手・福本豊(73)(1)今、再び「盗塁の魅力」

(恵守乾撮影)
(恵守乾撮影)

「話の肖像画」特集へ

《昨年10月、日本のプロ野球で46年ぶりに更新された記録がある。11試合連続盗塁だ。ソフトバンクの周東佑京(しゅうとう・うきょう)選手(13試合連続)が塗り替えるまで、半世紀近く破られなかったこの記録を昭和46年と49年に2度、達成した》

周東選手の連続記録の話題が出るたびに自分の名前も出てうれしかったですね。自分の現役時代は騒がれることはなかったので、そんな記録もあったんやと思いました。周東選手が勢いよく出てきたことで、盗塁の魅力がよく伝わるようになりました。クセの盗み合いに牽制(けんせい)、間合いなどを想像しながら、選手たちが盗塁する姿を見るのは楽しい。自分がグラウンドにいるような気持ちになるときもありました。

《成功か、失敗か、でゲームの局面をガラリと変える盗塁は野球の醍醐味(だいごみ)だ。相手チームの厳しい警戒をかいくぐって積み重ねた盗塁は通算1065個、2位の広瀬叔功(よしのり)さん(元南海)の596個、現役最多の糸井嘉男選手(阪神)の299個を大きく上回る。47年には106個の盗塁を決め、シーズン盗塁数で世界記録(当時)を樹立、「世界の盗塁王」と称された》

お世話になった高校やノンプロ、阪急のチームメート、監督らのおかげです。ただ、58年に当時の世界記録だった米大リーグの938盗塁を抜いたときはおもろなかったね。ゴロで二塁に進んだのですが、執拗(しつよう)に牽制された。負けとったし、走るつもりもなかったんやけど、牽制にイラッとして三盗してしまった。重要な場面じゃなかったから悔いが残りました。

《相手バッテリーにとって「ストップ・ザ・福本」が合言葉だった。南海の兼任監督だった野村克也さんが「福本の足封じ」に開発した「クイック投法」は球界に革命を起こした》