米南部アラバマ州で練習機墜落 空自隊員と米国教官2人死亡

 航空自衛隊は20日、米南部アラバマ州で、飛行訓練中だった20代の2等空尉と米空軍の教官が搭乗していた練習機T38が墜落し、2人が死亡したと発表した。事故は日本時間の同日午前8時ごろに発生し、T38は同州のモントゴメリー空港の滑走路に着陸する手前の約3キロの地点で墜落。同日正午ごろに死亡が確認された。

 事故当時の状況、原因、民間の被害の有無などの調査は米軍が進め、空自は米空軍コロンバス基地(ミシシッピ州)に派遣している教育連絡管を通じて調査に協力する方針。

 墜落したT38はコロンバス基地の所属機。死亡した2等空尉は航空教育集団(浜松市)の隊員で、米空軍の教育課程で操縦訓練を受けるため、約2年前から米国に留学中だった。

 岸信夫防衛相は20日、防衛省で記者団に「将来を期待する若手パイロットと米国の教官が亡くなったことは痛恨の極みだ。このような事案が再び発生しないよう、飛行の安全に万全を期したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細