現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

プーチン批判は国民運動になった 青学・新潟県立大学 名誉教授・袴田茂樹

青山学院大・新潟県立大名誉教授の袴田茂樹氏
青山学院大・新潟県立大名誉教授の袴田茂樹氏

G7の価値観共有するか

昨年来、ロシア(露)は政治的激動の年だ。本稿では第1に露の国内情勢と今後の展望、第2に、緊迫する露と先進7カ国(G7)関係を概観し、「日本はG7と価値観を共有」というのは虚構ではないかとの疑問を提起する。

まず、露の国内動乱と展望について。昨年来最大の政治事件は、体制批判派ナワリヌイ氏の、兵器級神経剤(当局のみ保有)による毒殺未遂事件(昨年8月)と、独で治療を受けた氏が1月17日に帰国すると同時に空港で拘束、実刑判決を受け、その後近年最大級の反プーチン・デモが露で発生したことだ。以下要点を述べ、その意味と今後の影響を考える。

ランキング

  1. 【新聞に喝!】藤子不二雄(A) 氏が描いた社会の闇に迫れ 同志社大教授・佐伯順子

  2. 【産経抄】5月22日

  3. 【主張】米韓首脳会談 北非核化へ攻勢に転じよ

  4. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  5. 【産経抄】5月21日

  6. 【朝晴れエッセー】使い込んだシャトル・5月22日

  7. 【主張】子供とスポーツ 体動かす環境大人が守れ

  8. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  9. 【日曜に書く】選挙時期に連呼される「お訴えさせていただきたい」に違和感覚えませんか? 論説委員・山上直子

  10. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

会員限定記事