原宿暴走、検察「オウム幹部死刑で計画加速」 弁護側は無罪主張 初公判

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

 東京・原宿の竹下通りで平成31年元日、通行人を無差別に殺害しようと軽乗用車で暴走し、男性8人に重軽傷を負わせたなどとして、殺人未遂などの罪に問われた住所不定、無職、日下部和博被告(23)の裁判員裁判の初公判が18日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれた。日下部被告は冒頭の罪状認否で「1人でも多くはねようと思ったことは事実だ」と述べた一方、一部の被害者について殺意を否認。弁護側は精神疾患の影響による心神喪失状態だったとして無罪を主張した。

 検察側は冒頭陳述で、被告が「死刑制度を支持する国民が許せない」と考えて明治神宮での無差別大量殺人を計画し、30年7月のオウム真理教幹部13人の死刑執行を機に計画を加速させたと指摘。自動車教習所に通って運転免許を取得し、火炎放射器を自作するための高圧洗浄機などを購入したとし、「8人全員への殺意があり、完全な責任能力があった」と主張した。

 ノーネクタイのスーツ姿で出廷した日下部被告は、裁判長から殺人未遂罪の起訴内容について認否を問われると、「違います」と発言。「(車ではねた)1人目がフロントガラスにへばりつき、前がよく見えなかった」と後にはねた被害者への殺意を否定し、「無力化された死刑囚が殺されることが許せず、死刑制度を支持する国民を狙った」と自ら犯行動機を語った。

 弁護側の冒頭陳述によると、被告は中学時代に水泳部に所属して大阪府大会に出場。学業も好成績だったが、中学2年の頃からアルコール依存症の父親に暴力を振るわれるようになった。高校進学後には母親に「学校で『臭い』といわれている」と相談するなど、被害妄想の症状が出始めていたといい、弁護側は「周囲が精神障害に気づかず放置されて症状が悪化し、人格や考えがむしばまれた」と主張した。

 起訴状によると、被告は31年1月1日午前0時10分ごろ、東京都渋谷区の通行禁止の路上を最高時速約50キロで暴走。男性8人を次々とはねて重軽傷を負わせた後、目撃者の男性の顔を殴り負傷させたとしている。

 被告は、犯行車両に自作の火炎放射器を積んでいたとする殺人予備罪にも問われており、この日は同罪の起訴内容も否認した。

会員限定記事会員サービス詳細