18日にかけて大雪の恐れ 北日本から西日本 - 産経ニュース

メインコンテンツ

18日にかけて大雪の恐れ 北日本から西日本

 気象庁は17日、発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本では18日明け方にかけて非常に強い風が吹いて大しけとなり、18日にかけて大雪になる所があるとして、暴風雪や暴風、高波、大雪に注意するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、稚内の北西にある発達した低気圧が、18日にかけて宗谷海峡からオホーツク海をゆっくり南東へ進む。日本の上空には強い寒気が流れ込んでおり、18日にかけて強い冬型の気圧配置となる。

 18日午前6時までの24時間降雪量は、多い所で北陸80センチ、北海道、東北、東海、近畿60センチ、関東甲信、中国50センチ、四国、九州北部30センチ、九州南部5センチ。その後の24時間は北陸50~70センチ、関東甲信、近畿40~60センチ、東北、東海、中国30~50センチ、北海道、四国、九州北部10~20センチ、九州南部1~5センチ。