コロナ禍で人気沸騰、クラブハウス 耳の市場の争奪戦始まる  - 産経ニュース

メインコンテンツ

コロナ禍で人気沸騰、クラブハウス 耳の市場の争奪戦始まる 

コロナ禍で人気沸騰、クラブハウス 耳の市場の争奪戦始まる 
コロナ禍で人気沸騰、クラブハウス 耳の市場の争奪戦始まる 
その他の写真を見る (1/2枚)

 友人同士で雑談したり、著名人の飾り気のない話を聞いたりできる米国発の会員制交流サイト(SNS)「Clubhouse(クラブハウス)」が注目を集めている。新型コロナウイルスの感染拡大で人との付き合い方も大きく変わる中、新しいコミュニケーションの場となりそうだ。録音は禁止されており自由気ままに話せるが、半面、トラブルに巻き込まれる可能性も懸念されている。

 ■聞き逃せない

 クラブハウスは昨春、米企業が始めた無料のアプリ。画面に話のテーマを記した「ルーム」がずらりと表示され、中から好きなルームを選んで音声のやりとりができるという仕組み。今月9日には、平井卓也デジタル改革担当相も話し手となって登場した。

 現在は米アップル社のiPhone(アイフォーン)やiPad(アイパッド)向けのアプリで、登録にはすでに利用している人から招待を受ける必要がある。日本では今年1月末ごろから著名人の利用が相次ぎ、人気が沸騰した。

 「コロナ禍で人と会う機会が減った時代に、偶発的に、共感できる話し手を見つけられる貴重な場になっている」。こう話すのは、昨春、米国で試作版がスタートしたときから利用している米国在住の起業家、山田俊輔さん。昨年末に日本の起業家を招待し、日本でクラブハウスが広まるきっかけを作ったとされる。録音禁止という特徴から「聞き逃すと次がない。何が起きるか予想もつかない。テレビの生放送の感覚に似ているのでは」と語る。

 ■はしご酒に似てる?

 京都精華大の吉川昌孝教授(メディア論)は、「声によって、ツイッターなど文字を通じたSNSのやり取りにはない、人肌を感じられるコミュニケーションが生まれている」と指摘する。あちこちのルームで会話を楽しむ様子は、コロナ禍で失われた、立ち飲みのはしごや、喫茶店などで隣の席の面白い話を小耳にはさむ場面の「疑似体験にもなる」と話す。

 企業も、新しい音声メディアを活用しようと模索を始めている。駐車場シェアリングサービスのアキッパ(大阪市)は、企業発表に合わせてクラブハウスにルームを開設。「資料に書き切れなかったことなどを話している。興味を持つ人が集まるので、事業提携などに結びつくのではと期待している」といい、営業活動でも活用したい考えだ。

 米国では1日深夜に電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がルームを開設、世界の注目を集めた。共有オフィススペースを運営するカエル(大阪市)の大崎弘子代表取締役は「今も誰かが面白いことをしゃべっているのでは、と気になる」と明かす。

■ルール整備が課題

 一方で、犯罪に巻き込まれたり、中毒的に聞き続け依存になったりすることを懸念する声もある。すでに米国や日本では、数が限られている招待枠のネット上の売買が問題になった。また、運営会社がトラブル回避のためとして条項でルーム内の発言を録音することを定めていることに対しても疑問の声があがる。

 今後、ネット上の音声データの扱いに関する制度整備が必至となる。吉川教授は「扱い方を間違えれば問題にもつながる。一方で、コロナで舞台に立てないアーティストの発表の場にするなどの可能性も考えられ、使い方は未知数。今は試行錯誤の時期だ」としている。

 これまで、インターネット上のサービスは映像や画像、文字など主に視覚に訴えるものが多かった。一方、クラブハウスは、聴覚に着目したサービス。人気の広がりは、耳から情報を取り入れる市場には開拓の余地があることを示した。

 「スマートフォンを見ている時間と比べ、イヤホンを着けている時間は短い。耳には、まだ空いている時間がある」。ラジオ番組の配信チャンネルも兼ね備えたニュースアプリ「グノシー」の運営会社で、マーケティンググループのマネジャーを務める石井健輔さんは指摘する。

 ラジオ番組などをネット上で配信している「Radiotalk(ラジオトーク)」の運営会社取締役、高本慧さんもクラブハウスの流行を「聞くことに割く時間がまだ空いている状況を的確に突いたアプリだ」と考える。現在、ラジオトークの利用者数も伸びているといい、「クラブハウスが追い風になっている部分がある」と歓迎する。

 クラブハウスの誕生に触発され、声のみでコミュニケーションを取る音声SNS市場への参入を目指す企業もある。「ZATSUDAN(ザツダン)」は昨年12月に試作版アプリを公開。3月以降に正式版をリリースする予定だ。運営会社で社長を務める関清仁(すみひと)さんは「文字よりも感情が読み取りやすい上、音声のみであれば時と場所を選ばない。音声によるコミュニティーはこれからも、もっと伸びる」と予測している。(粂博之、藤原由梨、渡部圭介)