藤井棋聖が高校を自主退学 卒業前「将棋に専念したい」

高校を1月末に自主退学していた藤井聡太棋聖。卒業は今年3月に予定されていたが、昨年秋には意思を固めていたという
高校を1月末に自主退学していた藤井聡太棋聖。卒業は今年3月に予定されていたが、昨年秋には意思を固めていたという

日本将棋連盟は16日、藤井聡太棋聖(18)=王位=が今春に卒業を予定していた名古屋大教育学部付属高校を1月末日付で自主退学したと発表した。藤井棋聖は「タイトルを獲得できたことで将棋に専念したい気持ちが強くなりました」とのコメントを出した。

藤井棋聖は高校3年生だった昨年7月に産経新聞社主催の「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」を制し、史上最年少の17歳11カ月で棋聖を獲得。さらに8月には2冠目の王位を手にした。藤井棋聖は連盟を通じ「秋に意思を固め、数回学校と話し合いをした上、1月末日付で退学届けを提出いたしました。一層精進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます」とした。

藤井棋聖は平成28年、同付属中学2年で史上最年少の14歳2カ月でプロ入り。通学しながら棋士として活躍してきた。