「中学35人学級、早急に」 萩生田文科相、菅首相答弁を歓迎

 令和3年度から段階的に始まる小学校の35人学級化に関連し、萩生田光一文部科学相は16日の閣議後記者会見で「小学校で検証して有効性を発信し、できる限り早い時期に中学校の35人学級を目指したい」と改めて強調した。菅義偉首相も15日の衆院予算委員会で検討を表明していた。

 首相は予算委で共産党の畑野君枝氏から中学への導入について問われ「望ましい指導体制について、引き続きしっかり検討していく」と答弁。畑野氏が中学も検討対象かどうかただすと「中学校を念頭に申し上げた」と応じた。

 文科省は昨年、小中学校の30人学級を目指し、財政負担を懸念する財務省と折衝。3年度から小学校のみ、現行の40人学級から段階的に引き下げることで折り合った。萩生田氏は16日の会見で「首相も必要性をおっしゃった」と歓迎した。