経産省、福島沖地震で災害復旧貸付など実施 - 産経ニュース

メインコンテンツ

経産省、福島沖地震で災害復旧貸付など実施

経済産業省=東京都千代田区
経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省は15日、13日夜に発生した福島県沖を震源とした震度6強の地震に関連し、同県の8市9町に災害救助法が適用されたことを受け、被災した中小企業や小規模事業者への対策を行うと発表した。

 福島県の日本政策金融公庫や商工組合中央金庫、県内の各商工会議所などに15日から特別相談窓口を設置。地震で被害を受けた中小企業・小規模事業者を対象に、福島県の日本政策金融公庫と商工組合中央金庫が運転資金か設備資金を融資する災害復旧貸付を実施する。

 日本政策金融公庫の貸付の場合、令和3年2月1日現在、中小企業事業で貸付期間5年の場合、基準利率1・11%、貸付限度額が別枠で1億5千万円、貸付期間は設備が15年以内、運転が10年以内(据置期間2年以内)。

 このほか、今回の災害で売上高などが減少している中小企業・小規模事業者を対象に、信用保証協会が一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証するセーフティーネット保証4号を適用することを決め、信用保証協会で事前相談を開始する。

 日本政策金融公庫福島支店中小企業事業の連絡先は(024・522・9241)。