「動脈遮断」に募る不安 空路・バスは臨時便で対応 東北新幹線、復旧に10日 今夕大雨、土砂崩れ警戒 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「動脈遮断」に募る不安 空路・バスは臨時便で対応 東北新幹線、復旧に10日 今夕大雨、土砂崩れ警戒

東北新幹線の運転見合わせが続くJR福島駅=15日午前、福島市(萩原悠久人撮影)
東北新幹線の運転見合わせが続くJR福島駅=15日午前、福島市(萩原悠久人撮影)

 福島、宮城両県で震度6強を観測した13日の地震の影響で東北新幹線の全線運転再開に10日前後かかる見通しとなり、東北各地のターミナル駅周辺では15日、首都圏との間を結ぶ「動脈遮断」に不安の声が漏れた。航空、バス会社は臨時便などの対応に当たった。

 福島、宮城両県は15日夕から警報級の大雨になる恐れがあり、土砂崩れへの警戒を強めている。菅義偉首相は衆院予算委員会で「一日も早く元の生活を取り戻せるよう、必要な支援を行っていく」と述べた。

 JR東日本によると、架線を支える電柱、高架橋に傾きや損傷を確認したため、14日から那須塩原(栃木)-盛岡間で運転を見合わせている。日航や全日空は東北の各空港と羽田や大阪を結ぶ臨時便の運航を決定。一部便では、当初予定より座席数の多い機体を使用する。

 JRバス東北は、日中に福島、仙台両駅と首都圏をつなぐ高速バス20台超の増発を決めた。