中国、BBCに放送禁止処分 英国への対抗措置 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国、BBCに放送禁止処分 英国への対抗措置

 【北京=三塚聖平、ロンドン=板東和正】中国でメディア管理を担当する国家ラジオテレビ総局は12日、英BBCの国際放送について中国国内での放送を禁じる処分を決めたと発表した。英当局が4日、中国国営テレビの海外放送に対する放送免許を取り消したことへの対抗措置とみられる。香港問題などをめぐって対立を深める英中両国間に、メディアという新たな火種が持ち上がった形だ。

 国家ラジオテレビ総局は処分理由について、BBCの中国報道が「中国の国家利益を損ない、中国の民族団結を破壊した」ためだと説明した。年度ごとに必要な放送免許の更新申請を拒否するとしている。

 ラーブ英外相は声明を発表し、「報道の自由に対する容認できない抑圧だ」と中国を非難。「中国は世界中のメディアやインターネットに対して最も厳しい制限を設けており、(今回の措置は)国際社会での中国の評判を損なうだけだ」との見解を示した。

 BBCも「中国当局がこのような措置を決めたことに失望している」とする声明を発表。「BBCは世界で最も信用されている国際的な放送局だ」とした上で、世界各地のニュースを公正、公平に伝えていると強調した。

 英当局は4日、中国国営中央テレビの海外放送を手がける中国環球電視網(CGTN)について、実質的に中国共産党の管理下にあることを理由に英国での放送免許を取り消した。中国外務省は同日、新型コロナウイルスに関する「フェイク(偽)ニュースを報じた」としてBBCに申し入れを行ったことを明らかにし、BBCへの制裁を示唆していた。

 中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区の少数民族ウイグル族をめぐるBBCの報道が問題視された可能性もある。BBCは3日、ウイグル族らの監視・統制を目的とした同自治区の「再教育」施設で、組織的な性的暴行や拷問を受けたとする女性らの証言を報道。中国は「女性への組織的な性的暴行や虐待は全く存在しない」(外務省の汪文斌=おう・ぶんひん=報道官)と強く反発していた。