鑑賞眼

ミュージカル「マリー・アントワネット」 炎上する王妃の悲劇

“ロココの女王”マリー・アントワネットを演じる笹本玲奈(東宝提供)
“ロココの女王”マリー・アントワネットを演じる笹本玲奈(東宝提供)

 いつだって炎上騒ぎの果ては焼け野原である。それが18世紀末のフランスでも、現代でも。

 原作は遠藤周作の小説で、脚本はミヒャエル・クンツェ、作曲はシルヴェスター・リーヴァイ。2006年に初演され、東宝制作のミュージカルとして初めて海外進出した。2018年に新演出版が上演され、今回はその再演だ。

 フランス革命の悲劇の王妃、マリー・アントワネットの生涯を、栄華の絶頂期から首飾り事件を経て断頭台の露と消えるまで、貧民の娘マルグリット・アルノーを対立軸にして、秘密の恋人フェルセン伯爵との愛を交えながら描く。

 笹本玲奈が演じる夢見がちで純真な性格の王妃は、シュテファン・ツヴァイクの伝記小説や漫画「ベルサイユのばら」でもおなじみ。さらに笹本は、よく揺れるスカートや弾む声色によって、生々しい軽率さもマリーに付与した。それにより18世紀末の悲劇は、お騒がせアイドルの炎上のような現代性も帯びてくる。

 マリーに対する誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)の新聞をまく、扇動者のマルグリットを演じる昆夏美は、まさに不屈の乙女といった苛烈さ。個人攻撃も、階層社会の不公正さに対する復讐(ふくしゅう)として正当性を感じるのは、その力強い歌声あってこそ。

 田代万里生のフェルセンは真摯(しんし)で思いやり深く、王妃に愛され、マルグリットが惹かれるのも納得の優男。新聞を刷らせマルグリットたちを唆(そそのか)す上原理生演じるオルレアン公は卑劣な悪役ながら、あらがいがたい魅力を漂わせる。

 フランス革命の歴史的な評価は未だ定まらず、解釈もさまざま。不満を晴らすためフェイクニュースに傾倒する民衆の危うさを描くことで現代社会も風刺しつつ、エンターテインメントとして成功している。

 マリーは花總まり、マルグリットはソニン、フェルセンは甲斐翔真、オルレアン公は小野田龍之介とのダブルキャスト。21日まで。東京都渋谷区の東急シアターオーブ。問い合わせはBunkamuraチケットセンター、03・3477・9999。(三宅令)

 公演評「鑑賞眼」は毎週木曜日正午にアップします。