首相、自民ワクチンPTの提言「受け止めて対応」

閣議に臨む菅義偉首相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む菅義偉首相=9日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は9日、自民党の下村博文政調会長と首相官邸で面会し、党の新型コロナウイルスのワクチン接種に関するプロジェクトチーム(鴨下一郎座長)がまとめた提言を受け取った。提言は、65歳の高齢者について、大規模会場での集団接種と並び、かかりつけ医などによる個別接種を中心的な接種ルートとすることなどが柱。首相は「しっかり受け止めて対応したい」と述べた。

 下村氏は面会で、党所属の国会議員が選挙区内の1000人に往復はがきを送り、新型コロナ対策や経済対策などに関する党への意見を求めるという活動を提案した。首相は「素晴らしいことだ」と賛同した。コロナ禍で対面での政治活動が制限されている中、年内にある次期衆院選に向け、てこ入れの狙いがあるとみられる。