乗員3人軽傷、潜望鏡など損傷 海自潜水艦衝突、政府は情報連絡室 - 産経ニュース

メインコンテンツ

乗員3人軽傷、潜望鏡など損傷 海自潜水艦衝突、政府は情報連絡室

潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)
潜水艦「そうりゅう」(海上自衛隊ホームページから)

 8日午前10時55分ごろ、高知県足摺岬から南東約50キロの太平洋上で、海上自衛隊潜水艦「そうりゅう」と民間商船が衝突した。海自によると、潜水艦の乗員3人が軽傷を負った。潜望鏡を出すため海面近くまで浮上した際、商船の底をこするようにぶつかり、潜望鏡など船体上部を一部損傷した。航行に支障はない。政府は官邸に情報連絡室を設置し、状況の把握に当たっている。

 加藤勝信官房長官の説明によると、海上保安庁が衝突したとみられる船舶に連絡したところ、衝突の振動はなく、船体のダメージはないと思われるとの回答があったとしている。

 第5管区海上保安本部(神戸)によると、8日午後2時40分ごろ、海自の呉地方総監部から「そうりゅうが一般船舶と接触したとみられる。乗員3人は擦り傷や打撲程度」との通報があった。運輸安全委員会は同日、原因を調べるため船舶事故調査官3人を指名した。