中国、尖閣侵入を正当化 「海警のパトロールは正当な措置」と主張

記者会見する中国外務省の汪文斌報道官=8日、北京(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌報道官=8日、北京(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は8日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本領海に中国海警局の船が繰り返し侵入したことについて「釣魚島(尖閣諸島の中国側名称)とその付属島嶼(とうしょ)は中国固有の領土だ」と正当化した。その上で「海警が釣魚島の海域でパトロールや法執行活動を展開することは、中国が法に照らして主権を守る正当な措置だ」と主張した。