「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

怪物ルーキー佐藤輝のオーラ本物か…自ら答え出せ

 競争社会では当然のことでもありますが、キャンプ後半からオープン戦で結果を出した者が3月26日の開幕戦スタメンに名前を連ねることになるはずです。そう考えるならば、佐藤輝は今月中旬以降の他球団との実戦で指揮官が「使わざるを得ない」ほどの結果を残さなければならないでしょうね。そういう意味で時間は限られている…ということですね。

 佐藤輝から醸し出されるオーラはこれまでの新人選手にはないものが感じられます。それが本物か、偽りか…。答えを出すのは怪物君のバットでしかありません。どうか、厳しい競争に勝ち残って、チームに新風を吹かせ続けてほしいものです。

 【プロフィル】植村徹也(うえむら・てつや) 1990(平成2)年入社。サンケイスポーツ記者として阪神担当一筋。運動部長、局次長、編集局長、サンスポ特別記者、サンスポ代表補佐を経て産経新聞特別記者。阪神・野村克也監督招聘(しょうへい)、星野仙一監督招聘を連続スクープ。