米、ナイジェリア候補支持 WTO事務局長確定へ

ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相
ナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相

【ワシントン=塩原永久】米通商代表部(USTR)は5日、世界貿易機関(WTO)の事務局長選の候補、オコンジョイウェアラ・ナイジェリア元財務相を支持すると表明した。すでに大半の加盟国から支持を受けているオコンジョイウェアラ氏が、女性初のWTO事務局長に就任することが確実な情勢になった。

唯一の対抗馬として残っていた韓国産業通商資源省の兪明希通商交渉本部長が5日に撤退を表明。バイデン米政権はこれを受け、ただちにオコンジョイウェアラ氏支持を発表した。

USTRは声明で、同氏が財務相や世界銀行の要職を長く勤めてきた経験に触れ、「経済と外交で豊富な知識を持ち、優れた指導力で広く敬意を集めている」と評価した。兪氏の撤退の判断にも賛辞を贈った。

貿易自由化に批判的だったトランプ米前政権は、WTOの運営に消極的で、事務局長選では最終局面になって、突然、多数の支持を集めていたオコンジョイウェアラ氏ではなく、兪氏を推す立場を表明した。コンセンサス(全会一致)を重視するWTOで選考が実質的に止まっていた。

事務局長の正式な就任には、WTO一般理事会で承認される必要がある。

会員限定記事会員サービス詳細