【編集者のおすすめ】『日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち』増田悦佐著 新政権誕生の裏にあるもの - 産経ニュース

メインコンテンツ

編集者のおすすめ

『日本人が知らないトランプ後の世界を本当に動かす人たち』増田悦佐著 新政権誕生の裏にあるもの

 史上最低ともいうべき大荒れの米大統領選挙で選ばれたジョー・バイデン新政権がようやく船出となりました。新政権誕生の背景には共和党と民主党、白人と黒人、富裕層と庶民といった、わかりやすい分断の構図だけではない問題があるようです。

 表面的には拮(きっ)抗(こう)していたように見えるトランプ対バイデンですが、じつは大手マスメディアや民主党リベラル派だけではなく、共和党保守本流までもが、トランプ再選阻止で一致団結していたと著者は論じています。それはなぜでしょうか。

 本書は、経済の考察はもとより、歴史や文明史も含めた著書を多数執筆してきた経済アナリストの著者が、日本人が把握していない数々のデータを基に、新政権誕生の裏側に本当は何があるのか、アメリカの経済社会の構造問題を詳細にひもときます。

 ツイッター社がトランプ氏の個人アカウントを永久凍結するという手段に出たことは国際社会でも話題になりましたが、選挙中も開票後の混乱の中でも、SNS各社が全面的にバイデン候補側に有利な言論統制を行っていたということは日本ではあまり知られていません。

 そこまでしてアメリカという国をトランプ氏とは違う方向へもっていきたい意識的な動きとは何なのでしょうか。著者があげるキーワードは、「コロナ禍」「地球温暖化」「ハイテク封建制」。個人投資家だけでなく、日本が新政権とうまく付き合うために直視すべきことが見えてきます。(徳間書店・1400円+税)

 徳間書店編集企画室 武井章乃