菅首相、森氏発言「五輪理念と全く異なる」

衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁する菅義偉首相=5日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は5日の衆院予算委員会で、東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視とも取れる発言をしたことについて「五輪の重要な理念である男女共同参画と全く異なるものだ」と改めて指摘した。辞任の必要性については明言を避けた。

 首相は4日の予算委後、橋本聖子五輪相にこうした考えを森氏に伝えるように指示したと説明。森氏が橋本氏に対し、「大変申し訳なく、五輪の成功に向けて最後まで努力したい」と陳謝したことを明らかにした。