休業支援、大企業への拡充発表 シフト制対象

衆院予算委員会で答弁に臨む田村憲久厚労相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で答弁に臨む田村憲久厚労相=4日午後、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 田村憲久厚生労働相は5日の記者会見で、休業手当を受け取れなかった労働者向けの休業支援金・給付金の対象を大企業にも拡充すると正式に発表した。休業手当を受け取れなかったシフト制や日雇いで働く大企業の労働者らを対象とする。現行は中小企業に限られる。

 休業支援金は労働者が直接申請し、日額上限1万1千円で賃金の8割を補償する制度。