市川海老蔵主演「桶狭間」緊急放送決定 映像作品で親子初共演も - 産経ニュース

メインコンテンツ

市川海老蔵主演「桶狭間」緊急放送決定 映像作品で親子初共演も

映像作品で親子初共演する市川海老蔵(中央)と堀越勸玄(右)、市川ぼたん (C)フジテレビ
映像作品で親子初共演する市川海老蔵(中央)と堀越勸玄(右)、市川ぼたん (C)フジテレビ

 歌舞伎俳優、市川海老蔵(43)主演のフジテレビ系スペシャルドラマ「桶狭間~織田信長 覇王の誕生~」が3月26日午後9時から放送決定。長男の堀越勸玄(7)と長女の市川ぼたん(9)も出演することが4日、合わせて発表された。親子3人が映像作品で共演するのは初となる。

 同ドラマは、十三代目市川團十郎白猿襲名記念の特別企画として昨年夏の放送を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、襲名披露公演が延期となったため、放送も延期されていた。

 緊急事態宣言下で公演の予定は決まっていないが、海老蔵と協議の結果、公演に先立ってドラマの放送を急遽決めた。

 物語は、史上最大の逆転劇といわれ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦桶狭間の戦いを題材とした本格時代劇。海老蔵が信長を演じるほか、今川義元に三上博史、信長の正室・濃姫に広瀬すず、柴田勝家に松田龍平、信長の生母・土田御前に黒木瞳、斎藤道三に佐藤浩市ら豪華キャストがそろう。

 勸玄は信長の少年期・吉法師、ぼたんは濃姫の少女期・帰蝶を演じる。2人にとっては初めての映像作品となる。

 吉法師は、父・信秀(北村一輝)と尾張国・萬松寺で対峙する場面に、マムシと呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・道三の娘、帰蝶は、その父と美濃・稲庭山城での場面にそれぞれ登場する。

 2人の出演について、海老蔵は「今回の出演は自分たちに決めさせた。プロデューサーの方にどうするか聞かれ、自分たちでやりますと伝えにいったので僕は受け入れただけ」とコメント。

 撮影は、海老蔵が真剣なまなざしで見守る中で行われ、撮影後には「ちょっとアドバイスしたらすごくよくなった」と父親らしい笑みも。勸玄のシーンでは「モニターを通すとぐっとよくなる」と満足そうだった。

 同局の高井一郎プロデューサーは「撮影は1年前のことで勸玄君、ぼたんちゃんともまだまだ表情に幼さが残る頃だったが、役衣装となって現場に入った時には立派な役者で、監督や海老蔵さんの指示を真剣に聞き、実践していく姿はすでにプロフェッショナルでした」と感心していた。大森寿美男脚本、河毛俊作演出。

(産経デジタル)