八街市の強盗致傷 甲子園優勝の花咲徳栄元主将に懲役5年判決

千葉地裁(長橋和之撮影)
千葉地裁(長橋和之撮影)

 千葉県八街市の住宅に押し入り、住人夫婦にけがを負わせたとして、強盗致傷などの罪に問われた無職、千丸(ちまる)剛被告(21)=東京都町田市=ら男4人の裁判員裁判の判決公判が4日、千葉地裁で開かれ、坂田威一郎裁判長は千丸被告に対し、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 また、坂田裁判長はいずれも神奈川県の吉添勇人被告(23)に懲役8年6月(求刑懲役11年)、山本光輝被告(22)に懲役6年(同懲役7年)、越川正翔被告(23)に懲役5年6月(同懲役7年)の判決をそれぞれ言い渡した。

 裁判では、住宅に押し入る前のナンバープレート窃盗について千丸被告の共謀が認められるかが争点となっていた。

 判決理由で坂田裁判長は「千丸被告は窃盗が行われることを認識しつつ、異議を述べず反対しないことで黙示的に意思を通じ、自己の犯罪として容認していた」などとして共謀の成立を認めた。

 量刑の理由について坂田裁判長は「地元の友人から『数十万から数百万の報酬で人のいない家から金を運ぶ仕事』と誘われ、参加した理由を友人の機嫌を損ねたくなかったと供述したが、報酬目的も認められ、酌量の余地は乏しい」とした。その上で「窃盗を否認するなど、自身の関与を過少に捉えがちで反省が深まっているとは言い難い。社会復帰後の環境が整っているなど被告に有利な事情を考慮しても実刑が相当である」と述べた。

 千丸被告は平成29年の高校野球の全国大会で花咲徳栄高(埼玉県)が優勝した際、主将として甲子園で活躍していた。

 判決によると、千丸被告ら4人は31年4月26日夜、共謀して八街市内で車のナンバープレートを盗み、同市の住宅に侵入。住人の男性の頭をバールで殴り、男性の妻を粘着テープで縛るなどしてけがを負わせた。

会員限定記事会員サービス詳細