東京五輪・パラ 森喜朗会長「コロナがどういう形だろうと必ずやる」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京五輪・パラ 森喜朗会長「コロナがどういう形だろうと必ずやる」

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長
東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は2日、自民党本部で開かれた党スポーツ立国調査会などの会合に出席し、大会について「(新型)コロナ(ウイルス)がどういう形であろうと必ずやる」と述べた。森氏は新型コロナと並ぶ最大の問題を「世論がどういう風にみているのかということだ」とした上で、「困難な時期に日本が五輪をやりとげたということが、世界に向けての大きなメッセージになる」と開催の意義を強調した。

 会合では、組織委などが大会の準備状況について説明した。

ボトムコンテンツ