話の肖像画

歌舞伎俳優・中村鴈治郎(61)(3) ゆかりの松竹、社長役を満喫

NHK連続テレビ小説「おちょやん」で大山鶴蔵にふんする中村鴈治郎さん(c)NHK
NHK連続テレビ小説「おちょやん」で大山鶴蔵にふんする中村鴈治郎さん(c)NHK

(2)へ戻る

《現在NHKで放送中の連続テレビ小説「おちょやん」に、関西演劇界のドン、「鶴亀」株式会社の社長、大山鶴蔵役で出演している。鶴亀は、歌舞伎や映画などの興行を行っている松竹を思わせる設定。鶴蔵は、その創業者である白井松次郎と大谷竹次郎がモデルのようだ》

はじめにこのお話をいただいたとき、「何、するんですか」って聞いたら、NHKの方が「浪花千栄子さんのお話です」。浪花さんをやるということは彼女が在籍した松竹新喜劇が描かれるわけで、そうすると松竹は切っても切れない関係です。「僕の役は」とうかがうと、「松竹の社長さんの役をやっていただきたい」と。創業者の白井松次郎さんと大谷竹次郎さんは双子の兄弟なんです。それで、「もうおひとりはどなたがなさるんですか」と聞いたら、「ひとりでやっていただきたいんです」。はあ、そうなんだ、と思ってね。でも、実際の人物とは違いますしね。喜んで出ています。

《鴈治郎さんが演じる大山鶴蔵はどんな人物なのだろう》

いってみたら、道頓堀を仕切っている演劇界のドンみたいな感じですね。着物を着て袴(はかま)姿で山高帽。むちゃくちゃワンマンで、みんなに怖がられているんですけど情もある。自分としては貫禄が出るよう、「どやねん」「なんでこないなってるねん」って、声を太く、低音にして演じています。

最初の方で、私が演じている大山社長が、歌舞伎俳優の早川延四郎(えんしろう)をねぎらう場面がありました。この延四郎を演じたのは、本当の上方の歌舞伎俳優、片岡松十郎(まつじゅうろう)くん。劇中劇で「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」の主人公、団七九郎兵衛(だんしちくろべえ)も演じていて、松十郎くんの師匠の(片岡)仁左衛門(にざえもん)のおにいさんが監修されていました。このドラマには、そういう劇中劇がいろいろあって、それも魅力のひとつになっていますね。