ミャンマー情勢で茂木外相が談話「重大な懸念」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ミャンマー情勢で茂木外相が談話「重大な懸念」

茂木敏充外相
茂木敏充外相

 茂木敏充外相は1日、ミャンマー国軍がアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相らを拘束し、政権を奪取したと発表したことを受け「民主化プロセスが損なわれる事態が生じていることに対し、重大な懸念を有している」との談話を発表した。スー・チー氏らの解放も求めた。

 談話では「日本政府はミャンマーの民主化プロセスを強く支持してきており、これに逆行する動きに反対する」と強調。国軍に対し、民主的な政治体制の早期回復を要求した。

 外務省は在留邦人にメールで不要不急の外出などを控えるよう注意喚起した。邦人に被害が出たとの情報はないという。