コアラの「みどり」24歳に 国内最高齢記録を更新 兵庫・イングランドの丘

国内最高齢記録となる24歳の誕生日を迎えたコアラの「みどり」=1日午前、兵庫県南あわじ市(勝田康三撮影)
国内最高齢記録となる24歳の誕生日を迎えたコアラの「みどり」=1日午前、兵庫県南あわじ市(勝田康三撮影)

 兵庫県南あわじ市の観光施設「淡路ファームパーク イングランドの丘」で飼育されるコアラの「みどり」(雌)が1日、24歳の誕生日を迎え、国内で飼育されるコアラの最高齢記録を更新した。人間に換算すると110歳以上に相当するという。みどりは展示場で元気な姿を見せているが、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言中のためイベントなどは開催されず、静かに年を重ねた。

 みどりは1997(平成9)年にオーストラリア・西オーストラリア州で誕生。2003(同15)年に兵庫県と姉妹都市を結ぶ同州から寄贈された。

 同園によると、コアラの平均寿命は15歳程度でコアラの国内最高齢記録は「23歳11カ月」だったという。飼育担当の平山泉さん(24)は「元気に誕生日を迎えられてうれしい。これからもお客さんを喜ばせてほしい」と話した。

 同園は緊急事態宣言を受け、7日までの火・水・木曜は休園する措置をとっている。