選手の靴底の厚さを計測、大阪国際女子マラソン - 産経ニュース

メインコンテンツ

選手の靴底の厚さを計測、大阪国際女子マラソン

大会で使用されるシューズの靴底の厚さが測定された=29日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪(鳥越瑞絵撮影)
大会で使用されるシューズの靴底の厚さが測定された=29日午後、大阪市中央区のホテルニューオータニ大阪(鳥越瑞絵撮影)

 31日に号砲となる「第40回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)を前に、大会組織委員会は招待選手らがレースで履くシューズの靴底の厚さを計測した。世界陸連がシューズに関する新たなルールを設けたことを受けた対応で、同大会での計測は初めて。

 世界陸連は昨年、マラソン大会で使用する靴底の厚さを40ミリ以内と規定。国内では同12月からルールが適用されている。

 大阪陸上競技協会の担当者は、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)の選手村で、いずれも東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール=や前田穂南(ほなみ)(24)=天満屋=らのシューズを測定。選手らは、測定器具を使い厚さを測る様子を静かに見守っていた。