大雪の恐れ、警戒続く 北・東日本、冬型気圧配置 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大雪の恐れ、警戒続く 北・東日本、冬型気圧配置

気象庁=東京都港区虎ノ門
気象庁=東京都港区虎ノ門

 気象庁は30日、冬型の気圧配置の影響で北日本や東日本で31日にかけて大雪となる地域があるとして、吹きだまりなどによる交通障害へ警戒するほか、高波、風雪、強風にも注意するよう呼び掛けた。海上もしけが続くとみられる。

 気象庁によると、北日本を中心に冬型の気圧配置が強まっており、大雪やふぶく地域があると予想される。31日朝にかけては高気圧が移動してくるため、気圧配置は西から緩んでくる見込み。

 31日午後6時までの予想降雪量は多い地域で北海道50センチ、東北、北陸40センチ。強い風や高波にも注意が必要で予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道、東北18メートル(30メートル)。波の高さは北陸6メートル、東北5メートル。