センバツ出場、21世紀枠は東播磨、八戸西など4校

 第93回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会が29日、オンラインで開催された。戦力以外の特色を選考材料にする21世紀枠は八戸西(青森)、東播磨(兵庫)、具志川商(沖縄)、三島南(静岡)の4校が選ばれた。

 例年は3校だが、昨年の明治神宮大会が新型コロナウイルスの影響で中止となり、優勝校の地区に与えられる神宮大会枠の代わりに1校増えた。

 組み合わせ抽選会は2月23日にオンラインで実施。3月12日に予定されていたが、出場校の準備を円滑に進めるため前倒しした。

 大会は有観客で開催する。開会式は実施するが、出場校がそろっての入場行進は行わない。甲子園での公式練習、始球式も行わない。

 昨年の選抜大会は出場校が決まり無観客で準備を進めていたが、開催を断念。夏の全国選手権大会とその出場権を懸けた地方大会も中止となった。

会員限定記事会員サービス詳細