【島を歩く 日本を見る】食文化の神髄 支え続け 香川県・小豆島 小林希(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

島を歩く 日本を見る

食文化の神髄 支え続け 香川県・小豆島 小林希

【島を歩く 日本を見る】食文化の神髄 支え続け 香川県・小豆島 小林希
【島を歩く 日本を見る】食文化の神髄 支え続け 香川県・小豆島 小林希
その他の写真を見る (1/3枚)

 瀬戸内海国立公園の中心地にあり、淡路島に次いで大きい香川県の小豆島(しょうどしま)。宿泊施設や観光名所などが充実しており、「瀬戸内海の都市」とも称される。

 日本三大渓谷美の一つである寒霞渓(かんかけい)をはじめ、山がちの島は山岳信仰の修行地で、弘法大師も立ち寄ったとされている。江戸時代には小豆島八十八カ所霊場が設けられ、多くの巡礼者が渡島するようになった。隠れキリシタンが潜伏していた時期もある。

 島中央部には、「日本の棚田百選」に選ばれた風情ある田園風景が広がり、そこで300年ほど前に始まった農村歌舞伎は今でも伝承されている。

 多彩な顔を持つ小豆島は、日本の食文化の礎も築いている。小豆島町内海(うちのみ)地区の「醤の郷(ひしおのさと)」は、しょうゆの蔵などが軒を連ね、香ばしい匂いが鼻に届く。400年以上前に、酵母菌培養に適した温暖な気候と、盛んだった製塩業や海運業などによってしょうゆづくりが始まった。

 「ヤマロク醤油(しょうゆ)」5代目の山本康夫さんに、仄(ほの)暗い蔵の中を案内してもらった。年季の入った巨大な木桶では、時間をかけて茶色いもろみが発酵している。現在、木桶仕込みで生産している蔵は全国でわずか1%。しかし、国内で巨大な木桶を作る職人はいなくなってしまった。山本さんは「最後の木桶職人に一時、弟子入りをした。自分は次世代のために木桶をつくるのが使命だ」と語る。

 失われゆく本物のしょうゆは、日本の食文化そのものだ。ユネスコ無形文化遺産となった和食の神髄は、こうした本物を守り継承していくことにある。