【ちば人物記】「出店者と客層広げ、にぎわいを」 かつうら朝市の会会長の江沢修さん(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

ちば人物記

「出店者と客層広げ、にぎわいを」 かつうら朝市の会会長の江沢修さん

はちまきがトレードマークの江沢修さん。「タンタンたい焼き」は、朝市の名物の一つになっている=勝浦市(撮影のためにマスクを外しています)
はちまきがトレードマークの江沢修さん。「タンタンたい焼き」は、朝市の名物の一つになっている=勝浦市(撮影のためにマスクを外しています)

 千葉県勝浦市の朝市で、週末にその屋台は姿を現す。江沢修さん(71)は慣れた手つきでプレートに油を引き、生地を流し込む。その上に乗せるのは、餡子ではなくひき肉や野菜をラー油で味付けしたものだ。名付けて「タンタンたい焼き」。海から上がった海女が体を温めるために食べたというラーメンが地元で「勝浦タンタンメン」として親しまれていることを踏まえたもので、江沢さんの勝浦愛が伝わってくる名物だ。東京から3回も食べに来た女性もいたといい、「あれはうれしかったな」と顔をほころばせる。

■ ■ ■

 安土桃山時代の天正19(1591)年に始まり、今年、ちょうど430年を迎える勝浦の朝市。石川県の輪島、岐阜県の宮川と並ぶ「日本3大朝市」の一つだ。かつては住民が、日常生活に必要な食材などを買っていたが、そうしたニーズは徐々に低下し、ピーク時に200店あったという出店者は減少傾向だった。60店ほどに減っていた時、江沢さんは市内の関係者から「朝市を何とかしてほしい」と頼まれた。

 朝市はそれまで、出店者の代表や地元の自治会長らが運営してきたが、勝浦市や市商工会、市観光協会なども加わり、新たな組織で運営することで活性化を目指すことになった。江沢さんはその会長に就くことを要請されたのだった。

 「幅広い出店者を受け入れるようにしたい」。江沢さんが会長就任に当たり、こうした条件を出したのは、「伝統ある朝市が、終わってしまうかもしれない」という危機感があったからだ。

 平成30年に設立された新組織「かつうら朝市の会」の会長に就いた江沢さんが目を付けたのは「マルシェ」だった。31年1月から、手作りの雑貨やアクセサリーの販売、キッチンカーなどが出店する勝浦マルシェを始めた。伝統的な朝市と、若い人が多く敷居が低いマルシェとの融合。朝市の出店に関心のある人が気軽に参加できる機会にもなり、実際に7、8店のマルシェ出店者が朝市へ加入したという。